« 台北でコレ食べた その1 | トップページ | MacBook mini?! »

台北でコレ食べた その2

2日目です。この日は家族は1日市内観光ツアーへ出かけます。ワタシは以前行ってるのでパス (事前に1人だけフリープランのツアーにしておきました)。
朝食はとりあえず外で食べたかったのですが家族の付き合いでレストランに行ったのが失敗でした。 目の前にある食事に手をつけない訳には行かないじゃないですか(笑)

評判はイマイチだったのですがまあまあでしたよ。中華粥も豆漿もあったし、そこに入れる具も油條を始めなかなか充実。 なので食べちゃいました(笑)
食事後、家族をはじめ市内観光へ向かう人たちを迎えに来たバスを見送り改めて外へ朝ごはんを買いに(笑)

Taiwan209
学生時代からの台湾から留学している友人に聞いた店に買いに行く事にしました。 場所はホテルそばの公園路沿いでマックの手前にあります。 朝ごはんを買い求めている人の列がありすぐに発見できました。行列に並び3~4分待ってワタシの順番に。なんとか口頭で注文できました! こういう瞬間がとてもうれしい~!

Taiwan210
んで買ったのが蛋餅というタマゴ焼きのクレープ皮包み?のようなもの(20元)と大根餅(1個10元!)です。 どちらも初めて食べるので比べる事はできないのですが、どちらも美味しかったです。写真はうまそうに見えませんが(笑)ただし! 大根餅2個は朝事前に少し食べちゃった身には重かった(笑)

んで、 お土産用に買うつもりのパイナップルケーキのお店に行きたかったのですが時間が早すぎるのでインターネットでもしようかとホテルのビジネスセンターへ行きました。 すると、ネットワーク回線の使用料として150元かかるとの事。だいたい500円くらいです。 台湾で150元って言うと結構な額なんで断念して地下街をうろついたり、台北版のスイカ・悠遊カードを買ったりと時間をつぶし、 ネットで評判のお店、李製餅家に向かいました。んが!開店10分前で営業していない(汗)
結局、開店時間の30分後にシャッターが開きました。思わず同様に開店待ちだった日本の方と苦笑でした。そのあたりが「らしい」んですが (笑)

Taiwan211
でも30分以上待ったかいがありました!お土産用とは別に1個だけ買って食べてみたのですが生地はサクサク、中の餡は程よい甘さでしっとり。 李製餅家のパイナップルケーキ、うまいですぞ!!!値段も免税店で買うより全然安いし。いやー、 海外のお菓子って基本的に合わないんですけどね(笑)これだけは例外かも。

その後はホテルそばのマッサージ店で1時間ほど全身マッサージを受けに行きました。DSのやりすぎでこってしまった首・ 肩もいくらかすっきりしましたが、まだまだ足りない模様(汗)でもちょっとかなり楽になって気に入ったので明日も行く事を決心しつつ、 次の食事へ(笑)

今度は中世紀念堂の裏手にある小龍包のお店に行く事にしました。台北駅から電車で5分ほど。さらに徒歩で10分ほどで行けるお店です。 実はこの店、台湾の友人から「ここが安くて絶対にうまい!」と言われていたんですが、お昼はやっていないとの情報がありまして。 それでもスケジュール的にもこの時間しかいけないということでダメならもうひとつ候補を決めておいた店でいいやと行ってみたのです。

Taiwan212
なんと開いていました!!!お店の名は杭州小龍湯包。地元の人には有名らしく、 夜などはいつも混み合っているそうです。写真のお店は古い店舗で夕方からの営業らしいです。 このお店からちょっと北上すると新しくきちんとしたお店を営業していまして、そこが開いていました。やや興奮気味に入店。 もちろん日本語は通じないのですが、注文票に頼むものの数を書き込むシステムなので大丈夫。

Taiwan213
小龍包と鍋貼(焼きギョーザ)、さらに豆鼓排骨(なんだろ、骨付き肉の煮込みかな)、ビールを注文。 ビールと小菜は冷蔵庫から勝手に取るシステムの模様です。
すぐにまずは小龍包と豆鼓排骨が到着っす。小龍包は8個で80元。安い(ちなみに日本の某有名店では5個で600円くらいらしいですよ)!! 皮も薄く、スープが透けています。皮の味もいい!お肉もすごくいい味です!!!排骨もに苦の臭みがなくやわらかくてとてもうまいいい!!!! しばらくすると餃子も到着。こちらもまたまたおいしい!うーん、友人の言葉に偽り無しだわこりゃ。教えたくなくなるほどうまいですもん(笑) 美味しいものを食べてすっかりご満悦のワタシにここで悪魔のささやきが。

「もうひと籠小龍包食っちゃえよ」

なんですと?!お腹はふくれ気味でまだギョーザも残ってますぜ?しかしこの小龍包をこの8個味わうだけでいいのか? しばらく食べられないぞ?悩みました。一人お店の中で悩みました(笑)そして悩んで出した結果・・・ギョーザの残りを持ち帰りにして、 もうひと籠頼んじゃいました(笑)しかしさすがに多かった・・・・最後の2個当たりはきつかったです(汗) あれだけ小龍包好きのワタシでさえ、しばらく要らない!と思うほどでした。でも美味しかったので問題無し!!!!
のはずだったのですが・・・・(笑)>この真意はこの後

Taiwan214
お腹パンパンになった状態で時計を見ると、家族のツアー終了までまだまだ時間があります。逆に言うとその時間が私に許された自由時間。 その時間を利用して次は定番の電脳街めぐりをしました。
NOVA、八徳路、新しい場所へ移動した光華商場・・・2時間以上かけてのんびりまわりました。 今回買ったものは写真のMicroSDという小さいフラッシュメモリです。どうやらDSLiteようのアレで使うとの事で先行購入。 日本では安くても6000円ほどですがこちらでは4300円くらいで買えちゃいます。
その他PCパーツなどの製品はいまや秋葉原でもほぼ同価格で手に入ってしまうのでうまみは減っているかもしれません。。。あ、 買えないものありました。アレなDVDとかだ(笑)

時計を見ると、家族の市内観光が終わる時間が迫っていました。そこに「ツアー終わった」との電話がきたので、 中山駅のリージェントギャラリアへ迎えに行きました。
次に向かったのは台北101。101階建てのビルです。 リージェントギャラリアからタクシーで15分ほどかな?無事到着~。

Taiwan215
どうですか、この高さ!この見晴らし!あと入場料350元の高さも!(笑)

そろそろ今夜の食事に行きましょうか!この日は実は小龍包を食べに行く事になってました。。。そう、 ワタシは完全に昼とかぶってしまったんですね。しかも食いすぎなくらい小龍包食っちゃってますから・・・ お店はタクシーで群香品というお店まで行きました。場所はかの有名な鼎泰豊の近所にあります。 なのでタクシーの運転手さんにも「鼎泰豊!」と伝えました。

Taiwan216
鼎泰豊は相変わらず混んでます。そこを素通りして永康街を南下し群香品へ。んで、小龍包・ キャベツの炒め物(青菜がなくなってた。。。)、えびチャーハン、酸辣湯(サワースープ)、小菜、ビールを注文。しかーし自分、 お昼の小龍包攻撃がたたり、あまり食べられませんでした・・・・(汗)
でもここも鼎泰豊に負けないくらい十分オススメですよ!さらにここに行く利点がもうひとつ・・・

Taiwan217
そう、あのマンゴーかき氷発祥の店、冰館があるんですよ!!!
いくらおなか一杯でも甘いものは別バラなんですよ。一番人気の超級新鮮芒果冰(150元)を注文~。

Taiwan218
うん、ここもうまいよやっぱり!氷が普通の氷だけど。でもコストパフォーマンスと氷の種類を考えると私は士林夜市の80元の方が好きだなー!

この日はコレで終了。いやー食った食った・・・・

つづく・・・

|

« 台北でコレ食べた その1 | トップページ | MacBook mini?! »

台湾旅行記2006」カテゴリの記事

コメント

うわあああああ(;´ρ`)
うまそうなものばっかりで何にコメントしてよいやら・・・!
やっぱりマンゴーうらやましすぎます!!
杭州小龍湯包もよさそうですな~
追加注文はいい選択だったと思います!

投稿: boneori | 2006.06.22 22:15

わー、本当に2日目もかき氷がありますね。
今、私の部屋むちゃくちゃ暑いので、そそられまくりです。
かき氷食べたいっ!

投稿: けいすけ(人) | 2006.06.22 23:10

boneoriさん
杭州小龍湯包はお勧めです!次回訪台時に行ってみて!ただここはごはんもの無いので注意!って別にどこかでご飯だけ食べてもいいんですけどねw
追加は1人16個は今思うにやっぱりヤバかったですw

けいすけさん
自分が行った日に丁度梅雨も明けたようでものすごく暑かったです。ちょっとだけパラリと降ってくれればいくらか違ったんでしょうが・・・今もすごい暑さですか!?
けいすけさんが行くかき氷やさん、とても興味ありです(ご近所グルメで紹介かな?)

投稿: よ~ | 2006.06.23 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63201/10600188

この記事へのトラックバック一覧です: 台北でコレ食べた その2:

» 8回目の台湾旅行*于記杏仁豆腐 [うましうまもブログ!!]
こんばんは! タイトルはアレですが、まずは前回の続きの台湾故事館を!台湾故事館は、台北駅前のK-mall地下にあります。が、下りエスカレーターが見つからなかったので、エレベーターで地下1階から地下2階へ。  台湾故事館とは、1960~1970年代の台湾を再現した街とのこと。ナムコ系列がやっていてもおかしくないですよねwうーん、台湾好きにはかなり嬉しいスポットじゃない! 中は新横浜のラーメン博物館を髣髴とさせる古い町並みです。入場券が250元(約875円)と高め?と思われる金額ですが、その金額分全て中... [続きを読む]

受信: 2007.01.19 22:42

« 台北でコレ食べた その1 | トップページ | MacBook mini?! »