« 1年越しの物欲 | トップページ | 血が騒ぐ »

恐怖のアップデート

先日お伝えしたP50ですが、台湾のBenQという会社が作っているものでシステムは英語になっています。生粋のバリバリ日本人のワタシでは手に負えない代物です。しかし世には英語版のPDAでも日本語が使えるようにする方法やアプリケーションを提供してくださる方がたくさんいらっしゃいます。

今回のP50のセットアップに際しては先人さま達の以下のサイト他多数のサイトを参考にさせていただきました。

◆BenQ P50ユーザーズグループ
◆tantan's Pocket内(P50覚え書き&導入ソフト )
◆NARi半額処分
他多数・・・ありがとうございました!m(_ _)m

んでとりあえず行ったこと。その筋では有名?な「ファームウェアのバージョンアップ」です(笑)
なぜ有名かというと複雑な手順・えらくかかる時間・マニュアルどおり実行してもうまくいかない・レンガ上等(笑)なバージョンアップなのです。
でもここで踏みとどまる訳にはいきません。目指すは台湾でバリバリ活用バージョンですから!

方法は「NARi半額処分」さんのこちらを参考にしました。

しかしうわさに違わぬ手ごわさです。いきなり躓きました(笑)

第一段階のUSB接続状態にできないのです。
マニュアル等では、バッテリを取り付けた後、録音ボタンと電源ボタンを押したままリセットを押し、赤ランプがついたらPCに接続、その後アップデートプログラムを走らせればOKなはずなのですが何度やっても接続が失敗してしまいます。PCに繋ぐと赤ランプがオレンジランプになるのも謎です(笑)
6~7回目の時、赤ランプになってもすぐ接続せず10秒くらい2つのボタンを押し続けるようにしました。その後接続、アップデート開始。ついに成功!!!!

後は手間はかかるけど数回のハードリセットで終了のはずだったのですが、PDAの神様は試練を与えました(笑)
2度目の躓き。
ハードリセット後、USB接続にならずプログラムは非情の終了を告げる画面に(汗)あわててP50をリセットを何度もするもファームウェアバージョンなどがゼロという表記で一向に起動せず。。。。この時ばかりは凍りました。
ちょっとあっちの世界にいってしまった後、落ち着いて最初のUSB接続モードの作業をした後、接続・プログラムを起動したところ続きからアップデートが始まってくれました。その後20分近くかかってアップデートはなんとか無事終了。

20060909205644
コレがアップデート成功の証拠スクリーンショット。うまくいってよかったもののホント怖かったです。もうできることならやりたく無いですね。しかし、PDA使ってて怖くなるとはBenQ侮れないですな(笑)
rz1717の液晶が割れたの気付いたとき以来のPDAを使ってて衝撃でした(笑)

|

« 1年越しの物欲 | トップページ | 血が騒ぐ »

WindowsMobile」カテゴリの記事

コメント

ファームアップお疲れさまでした~。
私もレンガ覚悟でやったのを思い出します(^^;)

P50は台湾専用機(!?)として活躍しそうですね。
私も電話として使ってみたいなぁ。

投稿: tantan | 2006.09.10 01:26

tantanさんの当時のエントリからもその緊張感が伝わりましたが自分がやってみていっそうそれを実感でしたw
そうなんですよ、電話でも使いたいし、ナビも使いたいし。
早く現地へもって行きたいです。今かなり気に入って使ってますw

投稿: よ~ | 2006.09.10 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63201/11823606

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖のアップデート:

» 最近の台湾のデモのこと [Challe千絵ブログ]
最近の台北は、エライことになってる!!! 前にもブログで書いたことだけど、 今、台湾の総統に対するデモが 総統府付近をを中心に 各地から反対派の人たちが集まってきていて、 中正記念堂のまわりとか 反対派の人たちで溢れかえっている...... [続きを読む]

受信: 2006.09.11 23:39

« 1年越しの物欲 | トップページ | 血が騒ぐ »