« ASUSのEeePCを触る(2)XP導入準備 | トップページ | ASUSのEeePCを触る(4)最後の仕上げ »

ASUSのEeePCを触る(3)nLiteでXPを削りインストール

P1020427
まずはEeePCに入れるWindowsXPを用意しなくてはいけません。現在私の手元にあるEeePCは内臓SSDが4Gのものです。これでは「普通に」インストールをすると容量を圧迫してしまいます(一度入れてみましたが)。

そこで既に各所で紹介済みですがnLiteを使ってEeePCのためのインストールディスクを作成します。

最初はこちらを参考に、SP2・各種パッチを統合。そして

とまああっさりISOファイル完了。データをHD-PSG80U2に取りこみ起動!

・・・

・・・

・・・

途中でインストールが止まりブルースクリーンに(汗)

どうやらsys32とかいうファイルが何たらで止まってしまうようです。それから何度も試してみましたが結果は同じ。試しに素のままのWinXPでインストールするとそれは問題ない。でも容量を圧迫するという手詰まり状況になってしまいました。

そんな時、見つけたのが某ちゃんねるwの情報とDatniodeath's JUNK Laboさんの工人舎SA1Fの非似SSD化のエントリ!このおかげでようやくインストールができました♪。
特別Windowsが詳しいとか、スキルがあるわけではないのでいろいろな方の力を借りて導入した方法を備忘録として載せます。

※これが正しい方法、適切な方法ではありません!万が一w実際にご自分で作業される場合は自己責任で!!!

以下詳細・・・・

まず、アップデータファイルをマイクロソフトのサイトからダウンロードしておく必要があるのですが、正直どれをダウンロードするのがいいのかがさっぱりわからないのでソフトの力を借りますw
SP+メーカーというサービスパックやHotFixファイルを統合してインストーラを作ってくれるソフトを利用します。

Eepcxp1
SP+メーカーには「自動ダウンロード機能」というのがあり、デフォルトである程度必要なアップデータファイルが登録されているのでSP+メーカーで通常の処理を行いアップデータをダウンロードしました(サービスパック2もダウンロードできるのでしておく)。

Eepcxp2
手持ちのWin機にnLiteをインストールします。バージョンはfinal版。ソフトを立ち上げるとウィザードが始まるのであとはそれに従って作業を行います。上記画面ではWinXPのディスクを指定すると「ファイルをコピーしてくれ」というメッセージが出るのでそれに従いHDDの任意の場所を指定&コピー。

Eepcxp3
次からが難関の各種設定です。私はここで完全にワケがわからなくなりました(笑)
なので先述したDatniodeath's JUNK Laboさんのエントリに工人舎のSA1F用に作られたnLiteの設定ファイルを使わせていただきます。この画面で「インポート」を選びダウンロードさせていただいたファイルを指定。「読み込み」を押します。

Eepcxp4
どの作業を行うか指定するのがこの画面。既に設定ファイルを読み込んでいるので各作業の設定が完了済みですが、私にはちょっと難しい箇所もあったので「ドライバ」と「Tweaks」の作業は除外しました。残りの作業については下記です!

◆サービスパック:事前にダウンロードしてあるSP2のアップデータファイルを指定します。
◆Hotfix~:SP+メーカーでダウンロードしておいたファイル全てを指定する(本来は適切なファイルのみを選ぶのでしょうがわからないので)。
◆コンポーネント:既にいくつかのコンポーネントを削除する設定になっています。私はそこからサイズがさほど大きくないコンポーネントは残し、大きいものを削除する設定にしました。
◆無人インストール:CDキーやユーザー名などの設定を付加します。それ以外はそのままにしました(※無人インストールにしないと先述のインスト中にブルースクリーンが出るトラブルが発生するとの情報あり)。
◆オプション:設定していただいたいる内容そのままにしました。

Eeepcxp5
以上の設定を終え、先に進むと最終的にひとつのISOファイルができます。
ただし、Hotfix登録中にさまざまなアラートウインドウが出てきます。私は全部無視しました(登録できないけど統合するか?みたいなのも出るがそれはキャンセル)。
ここでこのイメージファイルをCDに焼きこめばブートCDのできあがり!ですが私の場合はEeePCでブートできるCDドライブを持っていないのでw、前回のエントリで紹介したHD-PSG80U2の仮想CD/DVD機能を利用します。
HD-PSG80U2の保存領域にある「DATA→CD Image」の場所に出来上がったISOファイルをコピー。その後仮想CD/DVDユーティリティから該当のファイルを登録しておきます。

P1020430
以上で準備は完了!
EeePCにHD-PSG80U2を取り付け電源を入れます。EeePCという表示が出ているときに「F2キー」を押してBIOS画面を出します。Advanced→OS Instalationの欄を「Start」にします。その後再起動。

P1020433
再びEeePCの表示が出ている最中に今度は「Esc」を押します。するとブートデバイスの選択画面が出てくるので「USB:BUFFALO Virtual -CD(user)」を選択すると念願のセットアップ画面が!!!!

後は通常のWindowsのセットアップ同様に作業を進めていくだけです。ただし、インストール終了後、必ずBIOSからOS Instalationを「Finised」にするのを忘れないこと!WEBカメラが正常に動かない等の問題を確認しています。
これでインストールされた状態でSSDの使用量は約1.7G。ページファイルを無効にしていない状態ですのでここからさらにシェイプアップ作業を行っていきます。

1/11追記:EeePC関連のエントリはこちらからどうぞ!

|

« ASUSのEeePCを触る(2)XP導入準備 | トップページ | ASUSのEeePCを触る(4)最後の仕上げ »

ネットブック」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます。
当方のnLite設定ファイルが役に立ったようで何よりです。

EeePCもなかなかよさそうですね!
国内で簡単に手に入るようになれば、私も買ってしまいそう!

ITmedia +D PC USERで見たのですが、EeePCのCPUにはCeleron M 353(900MHz)が使われており、FSB 70MHz×9倍速の630MHzで動いているらしいです。
クロックジェネレータに何が使われているか分かれば、クロックアップできるかもしれません。

投稿: Datniodeath | 2007.11.23 01:59

Datniodeathさん、この度はサイトのほう、とても参考にさせていただきました!
SA1FとEeePCは非常に似通った部分が多く、また、4GのCFにシステムを入れられた情報でしたので、ほとんどそのまま使わせていただきました!
コンポーネントの削除よりもパッチの統合の効果が大きいようですね!

クロックの件、そうらしいんですよ。でもこのクロックでメモリ512Mでも結構サクサクですので、クロックアップ出来た日には!と夢見てしまいます(笑)

投稿: | 2007.11.23 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63201/17137130

この記事へのトラックバック一覧です: ASUSのEeePCを触る(3)nLiteでXPを削りインストール:

« ASUSのEeePCを触る(2)XP導入準備 | トップページ | ASUSのEeePCを触る(4)最後の仕上げ »