« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

台湾リベンジまったり旅’11@海天香餃で粉ものざんまい!

寒い日が相も変わらず続いているわけですが、本日台湾朋のメイフェさんnikoさんおよめさまにお付き合いいただき、聖地、慶龍でランチしてきましたー!

Sdsc_0905
ワタシは以前から気になっていたメンマ飯とずっと気に入っているザーサイそばの「半」を注文。

Sdsc_0904
あとみんなで食べようとイカ黒酢を~!!!

Sdsc_0908
さらにさらに!大根餅をご好意でいただいてしまいました。。。うれしい!!!
店内、ピーク時間を避けたにもかかわらずにぎわいっぱなしでした。寒い日には暖かいモノ食べたいですもんね~♪
みなさん、楽しく・美味しい時間をありがとうございました!おみやげもいただいてしまい!!!また食べに行きましょう~!!!


おっと、旅行記でした!つづきです!


カラダファクトリーで体の調整をばっちり行ってもらったワタクシ。ホテルでしばしのんびりした後にお昼を食べに行きますよ~♪


今度は中山市場のバス停から310番に乗り込み龍山寺へー!
最近なんか来まくってるなこのエリアw。



昼食は以前調べておいて行けなかった水餃子&麺のお店に行きます。



海天香餃~海鮮水餃專賣店~
Dsc01751
龍山寺駅沿いの和平西路を西へ進みます。信号を渡って50mくらいかな?
狭いお店ですので通り過ぎ注意ですw
マッサーを受けた後でおなかも空いていますし、ちょっとがんばって注文!


水餃子
Dsc01753
こちらのお店はどうやら注文は10個からみたいですが、複数の種類を頼んで合計10個以上なら大丈夫だそうです。
なので、 鮮肉高麗菜(キャベツ)5個・1個5元と蝦仁韮菜(エビニラ)5個・1個6元を注文~。
おぉ~うまい!皮モチモチ!それにニラ!うちの母が作る餃子には必ずニラが入っていまして・・・こっちの方が完全好みでした!


雲吞撈麵 (乾)
Dsc01752
撈麵って香港式の麺なんですね。細くってツルツルってしてコシもあります。これが一番日本のラーメンなどの麺に近いかもしれません。オイスターソース・もやしがよく合う!そしてこのワンタン!薄い皮ですがモッチリ!中にはエビも入っていた!プリプリ~♪

Dsc01754
メニュー一覧。このメニューを見ているだけでよだれが・・・あぶないあぶない。
ここは再訪アリ!どうもこの界隈の食事処、今後も定点観測必要かも!


海天香餃
台北市萬華區和平西路三段168號
02-2306-2385
0830~2030


昼食後は龍山寺お参り&界隈をちょっとだけぶらりぶらり。
うーん、このへん落ち着くなー。

Dsc01755
青草巷で青草茶を購入。すいません、ヘタレで。ちょい甘ので。

Dsc_0711
さーっぱりして美味しいです!
強制的に「体にいいものだから」と脳へとすり込ませます!w

Dsc01756
ちなみに前回見つけられなかったベイガオの実家に使われたお店はまたしても見つからず。


気づけば結構な時間が経過。この辺、また来たくなる魅力があります。
今度は夜に来てみようかな~。




つづく


Dsc_0713
・・・あっ!痛MRTプリーズちゃんMRT!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

台湾リベンジまったり旅’11@久しぶりの再訪・阜杭豆漿

今年2度目の・・・
新年快樂~!今年も台湾行きますよー!とりあえず・・・来月を牙を研いで狙おうかな・・・w

その前に旅行記ですよね!ガンガンいけるとよいのですが~w


2日目です!!!この日から大陸からの寒波が来るということで昨日とうってかわって肌寒い!まずは朝食という事で、せっかくこのエリアで泊まっているからと・・・

Dsc01750
ここー!華山市場!もちろんバスですよ!
林森北路(一)から208番一本で行けます。歩いても行けないことはないですけどめんどくせーのでw
※サンルート方面からなら中山國小というバス停から同じ208番に乗れます!



阜杭豆漿!
Dsc_0699
なんですが、なんですかこの混みようはー!!!!
前に行ったのが3年ほど前・・・こぎれいになってからは初訪問なんです。



Dsc_0701
注文方法も以前のようなカタチでなく、カウンターに列をなし、「豆漿系」→「焼餅」→「会計」と順番に注文していくパターンでした。
平日でなおかつ朝のピークを避けているのにこの混みよう。先日どうやらレシートの発行を命じられたらしく注文のオペレーション部分の変更も大きいのかも。この注文スタイルだとしばらくは日時関係なく行列必至かもですな。


厚餅夾蛋
Dsc01748
初食です。うおー!炭焼きだから香ばしいんですね。これは美味しい。
人気なのも納得です。


豆漿
Dsc01747
寒い朝ですが、体から発熱を続ける私は冷たい豆漿ですw
こちらも味が濃い!

Dsc01749
忠孝路側の窓の先を眺めながらのんびり朝ごはん~。
それにしてもなんで平日の朝からこんなに人がいるんだ????日本人も多いっていう印象もなかったし・・・


Dsc_0707
食事後はホテル経由で定番のカラダファクトリーへ!今回はいつも行く治療所へ行かないのでその代わりに午前中に整体をお願いしようという考えです。朝は開いているお店なども少ないし逆に有効利用できるかなと!

旅直前から持病な坐骨神経痛がひどくなっていたのでそれを伝え整体&マッサージ。
整体、最近は受けた直後よりもその後徐々に効いてくるような気がしてきました。帰国後坐骨神経痛起きなくなったし!!!



この後は、最近ワタクシ、よ~的にアツいお気に入りエリアでの昼食です!!!


つづく

| | コメント (5) | トラックバック (0)

台湾リベンジまったり旅’11@おひとりさまで21號鵝肉海鮮

お寒うございます~。この寒さか、正月に薄着でうろついたか、寝相が悪いのか、風邪をひいてしまいました。喉に。。。薬と焼いた葱を首に巻くという「現代医学」×「おばあちゃんの知恵袋的医学」のコラボでだいぶ良くなってきました。皆様も風邪にはお気を付けを!


さあ!旅行記続きです!


肉羹を食べ終え、スーパーでのミッションも完了したワタシ。このままホテルに戻るのもなんなので定番の地へ!もうバスでわざわざ・・・なんて事はしませんよwMRTでお隣の忠孝新生へ。

光華商場界隈です!写真ナシ!



Dsc_0695
印象的なのはビル内を含め、サムスンが幅を利かせつつありました。ちょうどGalaxy note(日本未発売モデル)が登場したことも相まってサムスン端末が目立つー。展示スペースも増えております。ちなみにGalaxy noteはMore locale2使っても以前のサムスン端末同様完全日本語化はダメみたいですな。

ぶらぶらしていたところでトラブル発生!!!

体調が・・ぐ・・・具合が・・・(涙)あかん、あかんでこれはー!ここは最低限の巡回にとどめホテルに戻ることに。

Dsc_0696
しかし途中にこんなの発見!マ○オ風紙袋に入った・・・

宜蘭葱餅!!!
Dsc_0697
うーん、美味しいけどあの時食べたやつには適わないなあ・・・

帰りは松江路→南京東路とバスを乗り継ぎフラフラ気味に帰還。

おやつも取っていることだし、ということでしばらくホテルで休憩を取りました。旅の序盤から無理しすぎて残りを残念なことにしたくないですもんね。



1~2時間ほど休んだでしょうか。体調も回復したようなので再出発です。
当初は色々夕飯にプランがあったのですがそれも白紙に。とりあえず散歩しながらどこか琴線に触れれば・・・というパターンです。林森北路をテクテク北上。うーん、なかなかよさげな店が見つからない~。

と、いつの間にか錦州街へ。歩きすぎwwwここまできたら久しぶりにあの肉を食べよう!




21號鵝肉海鮮
Dsc_0698
昨年連れて行っていただいたガチョウ肉と海鮮料理のお店です。歩いたせいかお腹が空いてどうにもならなかったんで炭水化物攻撃でw


担担麺
Dsc01739
前回も食べました。臭み等ないスープが良い出汁です!

鵝肉飯
Dsc01741
やはりガチョウ肉は食べなくてはと!他に野菜やトマタマ炒めなどのおかずが乗っているプレート状態!これはうれしかった!お肉もここのはクセ少ないよなあ!
でも・・・たぶん切れ端とかがこの飯にまわされるんだろうなあとwやはり飯とガチョウ肉は別々に頼もう。

魯筍
Dsc01740
これ、美味しいんですが量が多かった!ってかおひとりさまでは完全にもてあまし・・・



Dsc01742
不調明けにしては良く食ったなと自画自賛?w


この日は再びホテルに戻り、「楽天」さんでマッサージを。でもこの日は李さん休みだったー!というわけで軽く足裏と上半身のマッサーのみで。


ホテルに戻るのもらくちんだー!あぁ!近いってすばらしい!
帰りに例の揚げ物やで揚げ物買ってホテルでダラダラしながら揚げ物食べつつこの日は終了~♪


まあ初日だし、この辺にしておいてあげますかねwww
でも体調が戻ってよかったです。。。気を付けないといけませんね。


つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台湾リベンジまったり旅’11@あの肉羹を再び!~宜蘭名物蒜味肉羹~

遅ればせながら、みなさま本年もワタクシ共々当ブログを宜しくお願いいたしますm(_ _)m
みなさまにとって良い年でありますよう・・・ワタシは今できることを続けていこうと思います!


さて!昨年末に行った台湾旅行記です!
今回は(もw)5日間。今度こそwひとりのんびりを目指します!

Dsc01730
今回も成田からの便を利用です~。しかし早朝出発がきついのう・・・w

Dsc_0689
まあその間は端折りましてw、台湾に到着ですw


空港では、定番のケータイ環境の整えを実施。
先日紅玉さんのブログで情報を知ったのですがついに中華電信でも音声用プリペイドSIMでネットし放題のプランを申し込めるようになったと!


中華電信ファンの方、よかったですね~w詳細はこちらに載っています。※日数ではなく「時間」での計算になるので3泊の方などは滞在時間で考えて3日(72時間)250元で十分かなと。私の場合は5日間滞在なので少々割高ですが7日間450元で。他のキャリアで選択できる「5日間350元」を作ってもらいたいところ。

んで今回ホテル、「住み慣れた~我が家の~♪」から変えてみました!
中山北路・林森北路の間に位置する「舞衣新宿」というホテルです。日本の方に言うと知らない人はまず聞き返してくる名前wしかしすいません、写真一枚も撮ってなかった・・・

部屋は白を貴重として明るい感じ。通りの窓付きの部屋をリクエストしてあったんですが残念ながらリクエストかなわず。
窓、あるにはあったんですがカーテンを開けると民家!wこれはカーテン開けられん・・・
クローゼットが透明だったりwと、面白いところもありますがエリア的に開拓のしがいがあるぞ!wで、バスも

・中山北路沿いの「中山市場」
・南京東路×林森北路の「南京林森路口」
・林森北路沿いの「林森北路(一)」

と3つのバス停からどこも近く、(私的に)移動が楽ちんなんですわ~!さらに夜はマッサージで締めくくることが多い私にはいつも伺う楽天さんやカラダファクトリーがそばにあるというのも帰りが面倒じゃない!この便利さはサンルート近辺にも負けない・・・っ!

Dsc_0691
ということで早々に行動開始です。



Dsc_0688
機内食のかき揚げ天丼がやたら美味しく完食しているのでw簡単なおやつでもと善導寺のスーパーに寄るついでに、お試しを兼ねてあるお店へ~♪




宜蘭名物蒜味肉羹
Dsc01738
5月に行った宜蘭の小旅行で紹介いただいた肉羹がかなり気に入り、台北で同じようなのが食べられないかなと思ってたんですが、前回のはとちさんとの合流直前に道に迷った時に見つけたお店w
っつーか忠孝×林森の交差点から余裕で見つかりますw

とりあえず麺入りを頼み、ナイス!ならスープだけおかわりしようという魂胆ですw

Dsc01737
来ましたよ~



肉羹麺
Dsc01735
大きめの肉羹5~6個くらいかな?入っておりました。
刻んだニンニクが入りパンチは効いていますが、肉羹自体がどうも宜蘭で食べたものと違うような・・・同じだったのかもしれないような・・・

私が北門蒜味肉羹の分店らしいのですが・・・

余談ですが、店頭には日本で良く見られる食券販売機がありました。「日本のラーメン屋方式を導入!的に」テレビで紹介されたこともあったみたいです。が!私が100元札を入れようとしても一向に入らず、結局普通に店員さんと現金でやり取りwww他のお客さんも現金でやり取りしてましたわw


宜蘭名物蒜味肉羹(華山店)
台北市林森南路3巷3號
02-2391-4709
11:00PM~9:00PM (土曜日定休)




そのあと駅チカの全聯にて頼まれ物を探しにいきました。すると早々に発見wラッキー!
さて、夕飯まで時間もあるし、することも特に無いしwいつもの場所行ってみましょうかね!

つづく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ケータイ・昨年の戦績

Docomo SC-01B(Galaxy S)
Softbank 944SH
Willcom WX333K(HONEY BEE 3)
Softbank 001HT(Desire HD)
Softbank C01HW(解約済)
HTC Flyer
Docomo L-03C(Optimus Pad)
Sony Ericsson Xperia mini pro
Docomo SH-02B(白ロム)
Docomo F-12C
Docomo L-04C(Optimus Chat)
Softbank 007Z(ULTRA Wi-Fi)
Softbank 005SH
Docomo L-06A
Sony Ericsson Xperia arc
Docomo P-07B

ぎゃああああ!!!
ちょっと改めて自分でもちょっと引きましたわwww
原則、海外モノ以外は一括0円か、激安機種変ですので
お金自体はほとんど使っていないんですけどねw
あと007Z以外は回線数自体は増やしておりませぬ。。。

オクとか利用で手放していかないとw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »