台湾旅行記2006

台北でコレ食べた その3

3日目は家族からのリクエストであった九ふんという「千と千尋の神隠し」 がモデルにしたというところへ事前に申し込んであったバスツアーで出かけました。この日は集合が朝の8時だったので朝食はホテルで(今思うと外に出ても十分余裕があったんですが)。豆漿とその他を少々。

Taiwan219
数箇所のホテルでピックアップをし、マックでトイレ休憩をし(笑)>この辺が台湾らしい、1時間ほどで到着~。 有名なアングルでの撮影をしたり、うろついたりで30分ほど消費。 お茶屋さんでのんびりとも思ったけど結構な値段だったので傍から眺めるにとどめました。
ここでも何も食べないわけにはいかないので、何か食べたいなと思ったのですがワタシ、ここに関しては全く調べて無くって・・・・ さらには手持ちが簡易のマップだけ。なので地図に書いてある店を探してそこで何か買ってみるか!と。

Taiwan220
んで買ったのがコレです。芋圓というやつで頼阿婆芋圓にて。30元だったかな? 後に調べたらタロイモとかで作ったカラフルなおだんご入りのぜんざいだそうです。暖かいのと冷たいのが選べるので「冰(冷たいの)」にしました。一番下にだんご、間に氷、そして上に甘いものを3種類ほどから選ぶことができます。このおだんご、モチモチしててなかなかおいしかったです。味というか食感を楽しむものかな。

Taiwan221
帰りにバス待ちしている間、そばにジュース屋さんがあるのを発見!んで頼んだのがスイカジュース20元。1/ 6ほどのスイカを皮だけ取り除きジューサーでかき混ぜればできあがり!すこしシロップを入れてたみたいだけど新鮮でさっぱりいただけました。

Taiwan222
ツアーはこれで終りかというとそうでは無く、台北市内で好記担仔麺の担仔麺を食べにいきます。今回このツアーを選んだ理由もそこにあります(笑)担仔麺が好きなんですよ、自分。

Taiwan223
お店は好記担仔麺ではなくお隣の好記担仔麺/阿美飯店というお店でした。料理は空心菜のゆでたもの、魯肉飯、そして担仔麺というパターン。魯肉飯はひき肉(そぼろ肉)っていう感じが強く、これは日本人万人に受けそうな感じがしました。

Taiwan224
そして麺。ほとんどの類にもれず麺はぐでぐででした。 ワタシはこういうもんだと思って全然平気なのですが家族はその辺が気になっていたようです。味のほうはスープもしっかり味がついていたしおいしかったです。食事後、ガイドさんが味についてのアンケートを取っていましたが思ったほど好評ではなかったのかなー。もしかするとある程度年配の方だともっとさっぱりしたモノがいいのかも。どちらにしろ大人数の好みをあわせるのは難しいやねー。

そうそう、食事は大きいテーブルに何人か座って食べたのですが、そのなかの女の子2人組と士林夜市の話題になって「マンゴーかき氷」を食べたか尋ねると量がすごいので食べなかったって言うんです。しっかりそこで絶対に食べないと損をします!と念を押しておきました(笑)

Taiwan225_1
食事後は各自のホテルまで送迎してもらって終了でしたが、けっこうTAIPEI101に行くって人が多かったです。
我々は台湾最後の夕食までは自由時間ということにして、私はひとりで台北地下街(Taipei City Mall) へ遊びに出かけました。ここは市民大道の地下に広がる地下街で、食事・洋服・雑貨・電脳関係のお店がカテゴリごとに並んでいて、見て回るだけでも楽しい場所なんです。
ちょっと夕飯を豪華にいく予定だったので食事はガマンしたのですが、水晶などのアクセサリ屋さんで売っていた写真の干支ストラップを10元で購入。こういうの、夜市とかだと30元とかで売ってますがこういう在住の方が利用するお店だとものすごく安く買えちゃいます。他にもじっくりみてもいいかな~って思いました。

地下街を出た後は遠出する時間も無かったので、駅前付近をウロウロ。途中で愛玉買ったり、家で飲む用のお茶を買ったりしながらホテルに戻り、いよいよこの旅、一番豪華に食べにいくことに(笑)

Taiwan226
場所は中山駅から歩いて10分くらいかな?先日パイナップルケーキを買いにいった先にある龍都酒楼というお店へでかけました。実はワタシ、学生の頃に行った中国で食べた北京ダックの味が忘れられず(この時、この世にこんなうまいものがあったのかとまで思ってた)、いつかまたあの味を!と思いつづけていまして。。。
んで今回このお店で北京ダックならぬ広東ダックが食べられるとの情報を得て、台湾に到着した日に電話で予約を入れておいたんですー。

Taiwan227
んでこれが念願の広東ダックですよ!皮がぱりぱり、肉も臭みがなくジューシー。うまい!!! このときの気持ちはジーパン刑事の最後の名セリフ状態ですよ。「なんじゃこりゃぁ~!!!!」って。これはうまい!

Taiwan228
他にこのダックの残りのお肉を使ったニラとの炒め物、野菜と魚の炒め物、小菜、フカヒレスープ、あんかけチャーハン、 最後に杏仁豆腐を頼んで5人で計4000元ほど。日本ではこの値段では食べられないと思います。 家族もダックの味に大感激の模様でかなり大ぶりなダックだったのですがあっという間の完食でした。よかったよかった。いやー、 これはまた是非食べに行きたいな。油もん好きな人には絶対にお勧めです!

さーこれであとはホテルに帰るだけだと思っていたら、家族の一人が「どうしても食べておきたいものがある」と。 何かと思ったらあの初日に食べたマンゴーかき氷でした(笑)こうして3回目のかき氷へ(笑) 初日に行ったところと同じ場所へ行き食べてきました。3度目の台湾にして初の3連チャンでした(笑)ホテルに戻った後、 前日に行ったマッサージ屋さんへ行き、駅周辺をウロウロしながら帰宅しこの日は終了。

ついに最終日です。帰りもツアー会社さんが用意したバスに乗ります。 その集合時間が9:00なので家族をホテルに残し一人で朝ごはん探索へでかけました(誰も賛同してくれなかったのよw)。 魯肉飯食べたいなあと思うもホテルの周りだとどこもやってない~(汗)1軒見つけたのですが誰もお客がいない・・・怖い(笑)

Taiwan230
仕方ないからなんか外帯(お持ち帰りの意)でも思いつつ買ったのが葱油餅です。 イメージで言うとふっくらしてないネギ入りデニッシュって感じかな?20元でした。すんません、写真撮りはぐった~。 さらに別のお店で台湾式おむすび・を購入~。卵入りで35元だったかな。

Taiwan229
さらに町をうろついているとだんだんワンタンが食べたくなってきたので(笑)、食べられるお店探しを敢行。すると「ワンタン」 の文字がある永和豆漿というお店を発見! 店のおばちゃんに言うとどうやらワンタンは11時からの販売でこの時は朝メニューだけだったようです・・・・(汗)で、せっかく入店したのもなんなので鹹豆漿(20元?)と鍋貼(30元?)を注文して食べていきました。鹹豆漿は「そぼろ豆腐みたいになる」 って聞いていたのですが、本当でした。これはなかなかやさしい味で脂攻撃が続くお腹にはいいのかも。それでも餃子食っちゃいましたけど!!! (笑)ホテルに戻る最中、カットフルーツの屋台があったので最後のマンゴーを買いました。

Taiwan231
朝食を終え、支度を整えて空港まで送迎してくれるバスを待ちます。んが!ツアー利用者には最後の難関が待ち構えています。そう、 免税店への強制連行です(笑)エバーリッチというところなのですが、ただ、 ここが逆に考え様によっては色々使える場所です。まず元から円への両替をしてくれます。手数料がかからないのでお得だと思います。 さらに両替で残ったお金は免税店の隣がファミリーマートなのでそこでお金を使えちゃいます。私は台湾ビールとトウチやビーフン、インスタント麺などを買って小銭を使い切りました。40~50分ほどの滞在の後、空港へ (空港の地下にフードコートがあるらしいのですがどこなんだろう、知ってる方教えて!)。

Taiwan232
帰りの飛行機、空港内の免税店でPDA発見!GPS内臓系のmioでしたが日本で使うには追加投資が必要(地図など)なのでパス。 でもかっこいい~。飛行機は経由便のせいか席がばらばらになってしまいました。私は台湾の団体客さんの所に座ることになったのですが、 カタコトの中国語・英語・筆談を駆使してなんとか会話してたら、イカの燻製のお菓子をいただきました。これはうまかったなあ。 ピリ辛イカくんせい。なんて商品なんだろうか、よく聞いておけば良かった・・・

これで今回は終了~!不思議なもので、 色々食べたのでしばらくは行かないでいいかなと思ってたのですが今はもうまた行きたくて仕方なくなってます(笑)完全にはまっています、 ハイ。
今度行く予定のある方、同行させてくださいね(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台北でコレ食べた その2

2日目です。この日は家族は1日市内観光ツアーへ出かけます。ワタシは以前行ってるのでパス (事前に1人だけフリープランのツアーにしておきました)。
朝食はとりあえず外で食べたかったのですが家族の付き合いでレストランに行ったのが失敗でした。 目の前にある食事に手をつけない訳には行かないじゃないですか(笑)

評判はイマイチだったのですがまあまあでしたよ。中華粥も豆漿もあったし、そこに入れる具も油條を始めなかなか充実。 なので食べちゃいました(笑)
食事後、家族をはじめ市内観光へ向かう人たちを迎えに来たバスを見送り改めて外へ朝ごはんを買いに(笑)

Taiwan209
学生時代からの台湾から留学している友人に聞いた店に買いに行く事にしました。 場所はホテルそばの公園路沿いでマックの手前にあります。 朝ごはんを買い求めている人の列がありすぐに発見できました。行列に並び3~4分待ってワタシの順番に。なんとか口頭で注文できました! こういう瞬間がとてもうれしい~!

Taiwan210
んで買ったのが蛋餅というタマゴ焼きのクレープ皮包み?のようなもの(20元)と大根餅(1個10元!)です。 どちらも初めて食べるので比べる事はできないのですが、どちらも美味しかったです。写真はうまそうに見えませんが(笑)ただし! 大根餅2個は朝事前に少し食べちゃった身には重かった(笑)

んで、 お土産用に買うつもりのパイナップルケーキのお店に行きたかったのですが時間が早すぎるのでインターネットでもしようかとホテルのビジネスセンターへ行きました。 すると、ネットワーク回線の使用料として150元かかるとの事。だいたい500円くらいです。 台湾で150元って言うと結構な額なんで断念して地下街をうろついたり、台北版のスイカ・悠遊カードを買ったりと時間をつぶし、 ネットで評判のお店、李製餅家に向かいました。んが!開店10分前で営業していない(汗)
結局、開店時間の30分後にシャッターが開きました。思わず同様に開店待ちだった日本の方と苦笑でした。そのあたりが「らしい」んですが (笑)

Taiwan211
でも30分以上待ったかいがありました!お土産用とは別に1個だけ買って食べてみたのですが生地はサクサク、中の餡は程よい甘さでしっとり。 李製餅家のパイナップルケーキ、うまいですぞ!!!値段も免税店で買うより全然安いし。いやー、 海外のお菓子って基本的に合わないんですけどね(笑)これだけは例外かも。

その後はホテルそばのマッサージ店で1時間ほど全身マッサージを受けに行きました。DSのやりすぎでこってしまった首・ 肩もいくらかすっきりしましたが、まだまだ足りない模様(汗)でもちょっとかなり楽になって気に入ったので明日も行く事を決心しつつ、 次の食事へ(笑)

今度は中世紀念堂の裏手にある小龍包のお店に行く事にしました。台北駅から電車で5分ほど。さらに徒歩で10分ほどで行けるお店です。 実はこの店、台湾の友人から「ここが安くて絶対にうまい!」と言われていたんですが、お昼はやっていないとの情報がありまして。 それでもスケジュール的にもこの時間しかいけないということでダメならもうひとつ候補を決めておいた店でいいやと行ってみたのです。

Taiwan212
なんと開いていました!!!お店の名は杭州小龍湯包。地元の人には有名らしく、 夜などはいつも混み合っているそうです。写真のお店は古い店舗で夕方からの営業らしいです。 このお店からちょっと北上すると新しくきちんとしたお店を営業していまして、そこが開いていました。やや興奮気味に入店。 もちろん日本語は通じないのですが、注文票に頼むものの数を書き込むシステムなので大丈夫。

Taiwan213
小龍包と鍋貼(焼きギョーザ)、さらに豆鼓排骨(なんだろ、骨付き肉の煮込みかな)、ビールを注文。 ビールと小菜は冷蔵庫から勝手に取るシステムの模様です。
すぐにまずは小龍包と豆鼓排骨が到着っす。小龍包は8個で80元。安い(ちなみに日本の某有名店では5個で600円くらいらしいですよ)!! 皮も薄く、スープが透けています。皮の味もいい!お肉もすごくいい味です!!!排骨もに苦の臭みがなくやわらかくてとてもうまいいい!!!! しばらくすると餃子も到着。こちらもまたまたおいしい!うーん、友人の言葉に偽り無しだわこりゃ。教えたくなくなるほどうまいですもん(笑) 美味しいものを食べてすっかりご満悦のワタシにここで悪魔のささやきが。

「もうひと籠小龍包食っちゃえよ」

なんですと?!お腹はふくれ気味でまだギョーザも残ってますぜ?しかしこの小龍包をこの8個味わうだけでいいのか? しばらく食べられないぞ?悩みました。一人お店の中で悩みました(笑)そして悩んで出した結果・・・ギョーザの残りを持ち帰りにして、 もうひと籠頼んじゃいました(笑)しかしさすがに多かった・・・・最後の2個当たりはきつかったです(汗) あれだけ小龍包好きのワタシでさえ、しばらく要らない!と思うほどでした。でも美味しかったので問題無し!!!!
のはずだったのですが・・・・(笑)>この真意はこの後

Taiwan214
お腹パンパンになった状態で時計を見ると、家族のツアー終了までまだまだ時間があります。逆に言うとその時間が私に許された自由時間。 その時間を利用して次は定番の電脳街めぐりをしました。
NOVA、八徳路、新しい場所へ移動した光華商場・・・2時間以上かけてのんびりまわりました。 今回買ったものは写真のMicroSDという小さいフラッシュメモリです。どうやらDSLiteようのアレで使うとの事で先行購入。 日本では安くても6000円ほどですがこちらでは4300円くらいで買えちゃいます。
その他PCパーツなどの製品はいまや秋葉原でもほぼ同価格で手に入ってしまうのでうまみは減っているかもしれません。。。あ、 買えないものありました。アレなDVDとかだ(笑)

時計を見ると、家族の市内観光が終わる時間が迫っていました。そこに「ツアー終わった」との電話がきたので、 中山駅のリージェントギャラリアへ迎えに行きました。
次に向かったのは台北101。101階建てのビルです。 リージェントギャラリアからタクシーで15分ほどかな?無事到着~。

Taiwan215
どうですか、この高さ!この見晴らし!あと入場料350元の高さも!(笑)

そろそろ今夜の食事に行きましょうか!この日は実は小龍包を食べに行く事になってました。。。そう、 ワタシは完全に昼とかぶってしまったんですね。しかも食いすぎなくらい小龍包食っちゃってますから・・・ お店はタクシーで群香品というお店まで行きました。場所はかの有名な鼎泰豊の近所にあります。 なのでタクシーの運転手さんにも「鼎泰豊!」と伝えました。

Taiwan216
鼎泰豊は相変わらず混んでます。そこを素通りして永康街を南下し群香品へ。んで、小龍包・ キャベツの炒め物(青菜がなくなってた。。。)、えびチャーハン、酸辣湯(サワースープ)、小菜、ビールを注文。しかーし自分、 お昼の小龍包攻撃がたたり、あまり食べられませんでした・・・・(汗)
でもここも鼎泰豊に負けないくらい十分オススメですよ!さらにここに行く利点がもうひとつ・・・

Taiwan217
そう、あのマンゴーかき氷発祥の店、冰館があるんですよ!!!
いくらおなか一杯でも甘いものは別バラなんですよ。一番人気の超級新鮮芒果冰(150元)を注文~。

Taiwan218
うん、ここもうまいよやっぱり!氷が普通の氷だけど。でもコストパフォーマンスと氷の種類を考えると私は士林夜市の80元の方が好きだなー!

この日はコレで終了。いやー食った食った・・・・

つづく・・・

| | コメント (3) | トラックバック (1)

台北でコレ食べた その1

てな訳で行って参りました、台湾!
実は今回は家族を誘っての4名を引き連れての旅だったので完全個人的という感じににはいきませんでした。 でもその中でもしっかり遊んできましたよ♪

夕方発の飛行機で現地に到着したのが18時過ぎ、混載で各ホテルへ送迎してくれるバスに乗ってホテルに到着したのが20時過ぎでした。 イミグレやツアー客さんの集合所要時間を考えると早い到着でラッキーでした。高速道路も空いていましたし。
また旅行前、天気予報を見ているとずっと雨だったので心配していたのですが雨は降っていませんでした! ガイドさんによるとこの日梅雨が明けたとの事。いやー、行いがいいんですなー。

今回利用したホテルはこちら。両親が利用すると言うこと。 できるだけアクセスのいい場所にしたいということ。そして、 今回考えていた行程にマッチしたスケジュールを組んでいるツアーが利用しているホテルという点から自動的にここになりました。
どうやら歴史のあるホテルらしく、部屋に当たりはずれがあったそうですが我々の部屋はまあまあだったかな(後に違うことが判明するのですが) 。

Taiwan201
部屋に荷物を置き時計を見るとまだ21時前。台湾においてこの時間はまだまだ行動可能時間ですぞー!夜出かけないと面白くない! と言うわけでさっそく「士林夜市」へ。台北駅前のホテルなので移動もMRT1本で行けちゃうのも団体を連れていくのには楽です。 15分ほどで到着。家族達、美食市場のパワフルさに圧倒されていました。

Taiwan202
そんな中最初に行ったのはこちら!母のリクエスト「おかゆを食べたい」に応えるためあらかじめ日本で作成しておいた「よ~的美食市場マップ」 を見ながら303広東粥というお店で広東粥と海鮮粥を注文。各60元でした。母親はじめ家族は 「いい味出してる!」と大感激でした。ほっ。

Taiwan203
家族がお粥を食べている間にワタシは台湾ソーセージを買いにいきました。2年前、友人に勧められてすっかりはまってしまっています。 (昇)士林香腸 で50元だったかな?ニンニクといっしょに食うとうまいんだこれが。 他の人気店よりもコチラのほうが好きっす。

Taiwan204
さらにさらに、お粥屋さんのそばの魯肉飯を注文。これもうまし!しかし今思うに青菜炒めも頼むべきだったと後悔

Taiwan205
次に行ったのがワンタンのお店、小林紅油抄手。小林さんのお店なのだろうか(笑) こちらではワンタン入りの乾麺(汁なしそば)と、ワンタンを注文。小麦粉好きにはたまらんです。

Taiwan206
またしてもワンタンを家族が食している間に別のお店で念願だった豪大大鶏排の巨大フライドチキンを購入! とにかくでかさに驚きです!これで40元!普段は行列だそうですがこの日は平日でしたので並ばずに買えました。あっ、ちなみに 「細かく切ってくれ」と言ったら看板に「切りません」って書いてありました。おかげで家族で食べるのが困難(笑)

皆のお腹もふくれたところで、本日のメインであるマンゴーかき氷を食べに楓霖冰果へいきました! ここであえてフォントをでかくしてまで熱弁させてもらいますよ。

「台湾に来てかき氷を食べなければ楽しみの大半を失います!!!」

Taiwan207
もう、断言してしまうくらいうまいんです。絶対に日本のかき氷との違いにその概念自体を覆されること必至!このお店は氷ではなく、 アイスミルクを削ったもので出してくれます。さらに驚くべきはその値段。80元ですよこのボリュームで?! マンゴーも日本で食べればとっても高価です。是非これは食べてみてください♪

Taiwan208
甘いものを食べた後は愛玉をズビズビ飲みながら夜市へ繰り出しました。あいかわらず狭い道です(笑)
そして奥地にあるとある有名店へ。それは・・・・福州世祖胡椒餅!こいつですよ!胡椒餅! 豚肉とネギがたっぷり入っている釜焼きしたお饅頭です。とてもジューシーな上胡椒餅のピリリ感もばっちりです。 こちらも人気で行列だそうですが並ばずに買えました。夜市行くなら平日ですね(笑)

ちなみにKの食卓@ 台湾の管理人様より伺っていた小腸大腸包と大餅包小餅はお腹と相談の上チャレンジできず。食べたかった~(汗)

続く・・・

| | コメント (13) | トラックバック (0)

食いたいもんリスト

・小龍包
・マンゴーかき氷
・香腸
・胡椒餅
・担仔麺
・魯肉飯
・ダック
・鹹豆漿
・蛋餅
・蘿蔔?(大根餅)
・豆花
・飯團
・愛玉
・鷄排

物欲ならぬ「食」欲w
これ、とにかく書き連ねたけど4日間(賞味2日半)で全部いけるだろうかはいつか更新される旅行記にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)